特選・美容・ダイエットのマーケット情報です!

特選・美容・ダイエットのマーケット情報です!

おせち料理ののし鶏は松風焼きとも言われる風雅な一品です!

おせち料理にのし鶏という一品がありますが、
これは漢字で書くと熨斗鶏で、松風焼きとも言います。

松風焼きと言われる意味は、表面がけしの実などで華やかなのに対して、
裏面がシンプルなので、うら寂しい松風の音という
言葉が流用されたのだそうです。

のし鶏のレシピを簡単に紹介しますと、材料は鶏ひき肉300gと、
酒、しょうが一切れ、溶き卵と、調味料はみりん、薄口しょうゆ、
みそと砂糖で、それに主役のけしの実です。

のし鶏のつくり方は、鶏ひき肉の100gを鍋で酒を加えて炒り煮します。
次にフードプロセッサーにこれと残りの200gのひき肉と
すべての材料を入れて混ぜます。

容器にサラダ油を塗って、そこに調味料入りのひき肉を1cm厚さで敷いてから、
けしの実を均等に振りかけます。
これを170℃のオーブンで約20分焼くとできますから、
少し冷めてから切り分けます。

のし鶏のコツは切り分け方で、おめでたい末広がり、
あるいはお正月気分の羽子板型にします。

おせち 取り寄せ 徳島県
おせち 取り寄せ 香川県
おせち 取り寄せ 愛媛県
おせち 取り寄せ 高知県

ちなみにひき肉の3分の1をあらかじめ加熱する意味は、
残りのひき肉と合わせて焼く時に縮まないようにするためです。

なお、味付けの調味料はお好み次第ですが、
できれば薄味にするようにしたほうが身体には良いでしょう。
ただし薄味にすると日持ちがしないので、作り置きが効かないので、
作り過ぎないようにします。